三河水道メンテナンスのキャンペーン情報や営業情報を随時掲載しております。

キャンペーン・トピックス



2018/05/22
水回りの器具の故障
水回りの器具の故障
考えてみれば一昔の電化製品は強かった!

扇風機や二層式の洗濯機なんて30年前の物に限って現在も使えてませんか?しかしここ10年以内に購入したした電化製品に限ってすぐ壊れてしまう…

水回りの器具に関しても同様、未だ30年程前の蛇口は健在しているものの、やはり寿命はくるものです。

写真の蛇口はやっぱり25年ほど前の蛇口です。今までに一度修理をしたものの昨日までは異常なく使えていたとの事。

しかし水を出すといきなり噴水するようになったようです。物を見てみるとこれまた珍しい所から水漏れが!

吐吸い口の付け根あたりにピンホールが空いてしまったようです。自分もこのような状況は初めて見ました。こんな肉厚のある真鍮でも何万回もの水の出し止めで穴が空くもんなんですね。

さすがに蛇口交換をさせていただきました。

水のトラブルおまかせください!
三河水道メンテナンス
0120-691-888

▲ページトップへ

2018/05/13
トイレの水漏れのご相談
トイレの水漏れのご相談
最近の男性のトイレ事情。

座って用を足す方も増えているようです。もちろん掃除する側の立場としてはありがたい行動。しかし自分も含め、どうしても立って用を足したい立場としてみれば、自分でトイレ掃除をしてまでも立って出したい派。

このようなトークが繰り広げられているご家庭もあるのではないでしょうか?

今回、ご相談いただきました案件はトイレの水漏れ故障。原因不明の水漏れが不定期で起こり何処を探ってみても水漏れの形跡がないもののやはり便器の設置部分が思い出したころに濡れている事があるとの事でした。

前文の家族会議も経て男性陣は座って(小)もしてみえるようでトイレからの飛び散りはないとの事です。

となると細かい調査も必要ともなりご相談をいただきました。

トイレ自体は30年ほど前のタイプ。しかしトイレ室内は綺麗にされてみえタンク裏やウォシュレットからも水漏れが起こっているようには見られません。水漏れが起こるのが不定期というのもあり、現時点で水漏れが起こっていない状況ではなかなか原因追及も困難なものです。

しかしライトをあてて隅々をくまなく見ていくと・・・便座の裏側、便器の口先部分に何やら水分の垂れた跡が見られます。

写真では解りにくいものの確かに過去に何かが垂れていた跡がくっきりと。

断定はできないものの今回は便座と便器の間から尿がこぼれ落ちたという仮定に終わりました。

以後数日間、特に男性陣は排尿後に足元の確認を義務付けられ原因はお父さんのトイレ後に濡れている事が判明!

これにはご主人も面を食らっていました。

男性陣、いくら座って排尿をしてもやはり注意は必要ですね。とくに昔の便器は現行と比べてサイズが小さい物になります。気を付けて用を足さないと今回のように便座と便器の間へ尿がこぼれてしまう事もあるという案件でした。

原因不明のトイレの水漏れ時はまずは家庭内の男性を疑ってみてはいかがでしょうか・・・・・

トイレの故障、修理、水漏れ調査おまかせください!
三河水道メンテナンス
0120-691-888

▲ページトップへ

2018/04/30
キッチ排水ンつまり修理
キッチ排水ンつまり修理
しかし日中は既に暑い日が続きますね。この時期にもかかわらず日焼けをしてしまいました。今年の夏が思いやられます。

そして季節の変わり目。何とも体がダルいといいますか、どうも疲れやすく気持ちが上がらない気がします。何か気分転換でもしないとと思い、名古屋まで足を運び友人と飲みに行ったものの二日酔い。ビールが美味しい時期となりましたが飲み過ぎにはご注意下さい。

さて本題に。

リピーターのお客様より今回キッチンの配水つまりの修理でお電話いただきました。
日ごろ出張のため長期にわたって家を空ける事が多くたまに帰ってくるものの食材が無いために店屋物やカップラーメンの食事も多いようです。

今回もゴールデンウィークで帰宅後見事に排水がつまっていたとの事でした。

排水管内に残った油汚れ(ラーメンの汁など)が管内で固まってしまったようです。

水回りは使う回数が少ないから壊れにくいと思っている方は大変多くみられます。しかしそれは逆です。毎日使っている蛇口やトイレの方が故障を起こしにくく、逆にずっと使わなかった蛇口から水を出した瞬間に水漏れが起こる事の方が多いのです。

排水も同じく、日ごろから水を流すことで管内の清掃にも繋がります。

今回管内で固まった油汚れを除去するためには高圧洗浄機を使用しなければいけません。しかしこれがまた一苦労・・・
長期にわたって固まった油汚れは頑固なものです。つまりの除去にも半日以上かかる事もあります。

そうならないためにも今回のように長期間家を空ける事があるならば、出かける前にバケツで数杯お湯を流してあげましょう。そして管内に油汚れを停滞しないように心掛けることが大切です!それだけでも十分に効果はありま
す。長期留守にならない場合でも毎日お湯を流してあげるだけで排水のつまりは起こりにくくなります。

毎日お世話になる水回り。日ごろの少しのメンテナンスで故障回避に繋がる事は多々あるものです。

これからゴールデンウィーク突入です。家族が帰省されいざ水が使えなくなるのは死活問題です。
万が一の事があればご相談ください!ゴールデンウィーク中も営業しております。
つまりの修理おまかせください!
三河水道メンテナンス
0120-691-888

▲ページトップへ

2018/04/19
蛇口からの水圧が弱い
蛇口からの水圧が弱い
建築資材も日進月歩。
日々私たちの健康面や生活面、暮らしやすいように試行錯誤され新しい商品が生み出されています。

水道管で言えば最近ではポリ管を使用しています。塩ビ管とは違い、切ったり曲げたりという融通面には更に長け、施工のし易さから注文住宅などの凝ったデザインの建物の水道管の張り巡らせにはもってこいの管です。

しかし一昔前の建物にはまだまだ塩ビ管や部分鋼管(鉄管)、継手類を使用しています。この鋼質部材に関しては内部をライニング(コーティング)されているものの、水質や年月でサビが発生します。

写真は管の内部を写したものです。錆で覆われ、水の流れる道がとても狭くなっているのが解ります。これでは蛇口からの水圧が下がってしまうのも一目瞭然。ホースの口を塞いだのと同じ状態です。

日本の水道設備は大変優れています。貯水施設から配水施設まで徹底管理され、蛇口の先端に至るまでの消毒量が計算されています。

とは言え管のサビまではどうする事も出来ません。

ご家庭の蛇口からの水圧が弱くなったり、水に不純物が混じる事がありましたらご相談ください!
取り換えが安易に可能な部分から水道管の一部入れ替えが必要な場合まであります。

お客様に解りやすい説明と施工を致します。

水道トラブルおまかせください!
三河水道メンテナンス
0120-691-888

▲ページトップへ

2018/04/04
異臭改善
異臭改善
随分と暖かくなりました。
日によっては少し体を動かすだけで汗ばむ日もありますね。今年の夏は大変な暑さになる前触れなのかもしれません・・・

さて、4月に入り新入生、新入社員、転勤などと新しい生活を新居地でスタートする方御多いと思われます。中でもアパートに暮らしをされる方は引越しで大変な年度末だったと思います。

引っ越し先のアパートへの引っ越しもようやく終え、日常生活スタート!ふと嫌な臭いに気付かされます。異臭、悪臭トラブルです。この時期に多く寄せられる水回りのトラブルです。

そんな時は次の箇所を確認してみてください!

・キッチン下、洗面台下の排水管に防臭キャップが設置されているか?
・洗濯パン、浴室排水口のトラップの緩み

中でも多いのはトラップの緩みです(写真)。

トラップとは排水管の臭いの逆流を防ぐために設けられた水の蓋を作る構造になっています。写真の部が緩んでいる事で排水管からの臭いが室内へと上がってくることがあります。

改善方法はこの部を時計回りに締め付けるだけ!それだけで悪臭は治まります。

特にアパートは入居者の入れ替え時に清掃作業が行われます。その際トラップをばらして綺麗にしてくれますが、締め付けが甘かったりする事があります。

たかがトラップが少し緩んでいるだけでも室内へ逆流する排水管内の臭いは強烈なものです。心当たりがある方は一度水回りの排水口付近の点検をしてみてください。それでも臭いが治まらなければご相談ください!

水回りのトラブルおまかせください!
三河水道メンテナンス
0120-691-888

▲ページトップへ

2018/03/08
不明な水漏れ 事例
不明な水漏れ 事例
月に何十件もご相談をいただく水漏れ修理。

時に些細な事が原因でも大きな症状に驚かれる現場も沢山あります。

今回もそんな案件のご紹介を致します。

お客様からのお電話の内容は

床から水が湧きあがってくる」という内容でした。

現場へ急行したものの、現在床は濡れていません。水回りを使用すると時間差でキッチンの床が濡れてくるそうです。またアパートの二階というのもあり階下への水漏れ症状も起こっています。

時間差の水漏れというのもあり調査は難航するな、、、と覚悟を決め、まずは例のごとく給水か排水かの見極めをしなければなりません。

話から察するに排水の可能性が高く、一先ず一番水漏れ箇所に近いキッチンの蛇口を流して時間を空ける事5分程。足元に湿り気を感じてきました。フローリングの板と板の切れ目から水が湧いてきます。

流し台の扉を開け排水ホースを確認すると原因はココにありました(写真)。
排水管からホースが抜けてます。キッチンの蛇口から流した水は床上に漏れ出しフローリング板の切れ目を通って流し台下から時間をかけて足元までやってきたようです。

物の出し入れ時にどうやらホースを触ってしまったようですね。

しかし今回の被害は階下への漏水。階下の天井、壁クロスは張替えが必要となってしまいました。

普段気にしていても見えない所で単純な事がきっかけで起こる水漏れ。特にアパートやマンションなどの2階以上にお住の方々は注意しなければいけません。今回の不明な水漏れに関してはすぐに解決したものの、水漏れ調査は時に1日以上の時間を費やすこともあります。

それだけに早めに手を打ち、日ごろのメンテナンスもとても大切ですね。

水漏れ調査、修理おまかせください
三河水道メンテナンス
0120-691-888

▲ページトップへ

2018/02/16
水道管破裂 豊田市事例
水道管破裂 豊田市事例
建物の構造上、一日中日が当たらない場所に蛇口や水道管等がある場合、この時期に関しては四六時中凍結により

水が出ないというお宅もあります。

今回の案件も家の裏にある水道管から水が噴水しているというお電話をいただきました。

本日はご存じの通り、ココ三河地区の日中は日差しがまぶしく晴天に恵まれたにも関わらず、お客様のお宅、家裏にある蛇口周辺は一日中日陰。保温のためにと巻かれた布切れも未だパキパキと凍っていたようです。

その上日陰に加えて周辺環境的にも風通りが良く、一日中服風で気温が上がらないようです。その結果凍結を繰り返し、水道管も劣化が進み今回のように鉄の水道管が割れていた状態です。

二月に入って温かい日があるものの、朝晩の冷え込みはまだまだ厳しいものがあります。

一日中日の当たらない場所にある水道設備には布切れや保温カバーをしっかりするなどして凍結対策や管自体の劣化を招かないよう注意が必要です。

寒暖差のあるこの時期、我々人間にも大きな影響を及ぼす訳ですから水道設備は尚の事。

万が一トラブルの際はお電話ください。

三河水道メンテナンス
0120-691-888

▲ページトップへ

2018/02/11
水道トラブル
水道トラブル
節分も過ぎ、これからは徐々に暖かくなると思いきや朝晩の冷え込みはまだまだ厳しさを感じさせられます。

先日の記録的な寒波が過ぎたものの、場所によっては昼頃まで水が出ないという水道管の凍結問題も至る所であるようです。

ふと、近くの蛇口を見てみると思いっきり吐吸口から出かかった水が凍っていたのを見たのが正午付近の時間帯。

今はあまり見なくなりましたが、まるで子供の青っぱなのような状態(写真)。

日向と日陰では随分と温度差が生じ、太陽のありがたみを感じさせられました。

徐々に冷え込みが薄くなったものの、家の裏や建物の陰にある蛇口や水道管には布を被せる等の保温対策はまだまだ欠かさないよう心がけなければいけませんね。

凍結による水道管の破裂や蛇口の破裂は驚くほどに水が噴き上がります。万が一このような水道トラブルが起こった場合は多くの方が頭が真っ白になってしまいます。まずは水道元栓を閉める事が先決です。そして落ち着いてから地元の水道屋さんへすぐにご連絡ください。

水道トラブルおまかせください!
三河水道メンテナンス
0120-691-888

▲ページトップへ

2018/02/07
水漏れトラブル
水漏れトラブル
毎日寒い日が続きます。体調いかがでしょうか?

今年はインフルエンザも猛威をふるっているようで病院も大変な事になってうようです。内科の先生は数十分ごとに緑茶や水分を摂っている為、風邪をうつされないそうです。水分摂取の大切さが解ります。

また予防のためのマスク。当社でも作業員は多くのご家庭に訪問するため、ウイルスの媒介者とならないようマスクの装着と都度の交換は徹底しています。安心して修理のお電話ください!

さて先々週末の寒波による水道管の凍結、破裂の修繕も徐々に落ち着き始めてきましたが、今回は土中の水道管の破裂の案件が勃発。

どうやら天気の日でも地面が湿っている状況で、異変には気付いていたそうですが、放置する事数か月。水道料金の増大と地面から水が噴き上がる状態へと急変。

慌ててお電話いただきました。

急いでコンクリカッターを入れるものの、さくさく地面が崩れていきます。長期の土中水漏れのせいもあり地盤は崩落寸前。逆に掘り返しは楽にすんだものの結構な勢いで噴水していました。

原因は水道管の割れ。立派なヒビが入っていました。

水漏れは放置おくと宅内だけではなく、屋外でも惨事へと繋がります。今回は新しく砂を入れ修繕できる範囲ではありますが、今までに車庫が崩れた現場や、駐車場に穴が空き、車が落ちてしまった現場など多くを見てきました。いずれにしても水漏れの放置によるものです。

天気がいい日に壁や地面が濡れている場合は水漏れが起こっている可能性が高いです。

おかしいなと思ったらお電話ください。

三河水道メンテナンス
0120-691-888

▲ページトップへ

2018/02/02
水道トラブル防止
水道トラブル防止
先週末の寒波は大変でした。各地での雪害。

三河地方オンリーの弊社に付きましても一時間に十数件の電話が続いた状況です。作業員もココ数日の工事連日で若干疲れた顔をしております。

一番多かった事例を紹介させていただきます。屋外に設置された水道管の凍結による破裂です。

ココ愛知県は北陸に比べ雪には疎い地域です。水抜きや水道管、蛇口の保温などはしなくても大丈夫な地域でした。

今回の寒波に関しては問題外。相当の冷え込みを記録しました。各家庭で水道管の破裂、蛇口の凍結破裂。

一番多かったお電話は庭にある蛇口(立水栓)からの水漏れです。とにかく水道メーターの所にある水道元栓を止めてもらう指示だけでもてんやわんわ。ご自宅の水道メーターの位置を知らない方が多かったのは驚きでした。

これを機に水道メーター、元栓の位置は把握しておきましょう!

今回は蛇口内、水道管内にある水が凍り、体積が膨張することにより水道管や蛇口が破裂をしてしまう事が原因です。寒い方の建物には水抜き栓などが新築当初から設備されていますが、ここら辺ではあるご家庭も少ないです。

ではどうやって防ぐのか?

★水道の元栓を閉め、すべての蛇口から水を出し切り、水道管内や蛇口内に水を残さないのが手段です(水抜き)。そしてむき出しになっている水道管や外にある蛇口には布などできつく縛り袋などを被せて保温対策をしておくと良いでしょう。

二月に入りましたがまだまだ寒い日は続きます。次回雪が降る時には水抜きと保温対策をぜひとも試してみてください!

水道トラブルおまかせください!
三河水道メンテナンス
0120-691-888

▲ページトップへ

  • 前へ
  • 次へ